素材で選ぶ

結婚指輪は夫婦が結婚の証とする大事な指輪です。

購入する時にはやはり価格も気になりますが、一生毎日身に着けるということもあって、使用されている素材も気になるものです。

価格から選んだけど、変形してしまったり、変色してしまったりなんてことがあったら悲しいですよね。

ずっと大切にできるにはどんな素材が使用されているかということがとても重要です。

価格と合わせて素材でも選んでみましょう。

結婚指輪に適しており、更に人気のある素材はプラチナです。

プラチナというのは素材そのものは柔らかい素材なのですが、他の金属を混ぜることで耐久性をあげて使用します。

稀少価値のある金属なので、崇高な結婚指輪の素材としてはぴったり。

強度の上がったプラチナは傷がつきにくいし、変形もしにくいので、力仕事をする男性などでも長く変わらずに身につけやすい素材です。

融点が高く溶けないこと、変色もしにくいので、家事をしたり、温泉に入る時なども外す手間が要りません。

白く上品な輝きのあるプラチナは、キラキラしすぎず然りげ無い印象で毎日はめていても違和感がありません。

プラチナの次に人気のある素材がゴールドです。

ゴールドと言っても、今は金色だけではなく、ホワイトゴールド、ピンクゴールドといって、カラーゴールドも人気があります。

金色だと派手すぎてしまうという人には少し赤みがあって肌色に近いピンクゴールドがおすすめです。

プラチナにしたいけど、予算が足りないという人にはホワイトゴールドがおすすめです。

カラーゴールドを合わせてデザインされた結婚指輪もあります。

Comments are closed.