オーダーメイドにも種類がある

オーダーメイドの結婚指輪というのも素敵ですよね。

自分たちらしい結婚指輪にするにはオーダーメイドがおすすめなのですが、このオーダーメイドには、フルオーダーとセミオーダーの二種類があります。

製作過程や時間、費用なども変わってきますので、まずはどちらのオーダーメイドが自分たちにあっているかを考えましょう。

フルオーダーというのは、その名の通り、全ての段階をオーダーするという方法です。

デザイン、素材などすべてを考える必要があります。

フルオーダーの場合、まずはデザイン画を仕上げて行く必要があり、最も重要で時間がかかる工程といえるでしょう。

希望するデザインが全て加工可能かといえば、そういう訳でもないので、デザイナーを相談しながらデザインを決めて行きます。

難しいことではありますが、オーダーメイドならではの楽しみと期待をすることができます。

デザイン画が仕上がれば、後は職人に製造をしてもらいます。

セミオーダーというのは、オーダーはオーダーでも全て自分たちで考え出すものではありません。

その多くは、ある程度の型が決められており、好きな素材を組みあせて仕上げて行くオーダーメイドです。

デザインを考えるのができない、予算をあまり掛けられない、でもオーダーメイドの結婚指輪が欲しいという人におすすめの方法です。

オーダーメイドの醍醐味である世界でたった一つという訳には行きませんが、自分たちで作るという雰囲気は味わえます。

Comments are closed.